台湾旅行の際に、タクシーを利用する方も多いでしょう。台湾にてタクシーを利用する場合、観光客の中には遠回りをされたと感じる方もいるようです。

日本のタクシーでもそのようなこともありますが、台湾の場合でも遠回りをされて、料金が高い場合、どうしても怒りたくなるかもしれませんが、そこはぐっと我慢しましょう。タクシーの運転手と喧嘩をするのは良くありません。どうしても気になるなら、タクシーのナンバーと運転手の名前を控えて、その場では揉めることのないようにしましょう。支払いの際にも、日本ではおつりを受け取らない方もいますが、台湾の場合はきちんとおつりをくれるので、受け取るようにしましょう。500元札と100元札は色や絵柄が似ているので、間違わないようにして、支払う際にも気を付けるようにしましょう。

タクシーの運転手と言葉が通じないことがあるなら、メモ帳などに言葉を書いて、コミュニケーションを取ることも大切です。

また運転手とも快適にコミュニケーションが取れて、目的地まできちんと着いて満足という方もいるかもしれませんが、車内に忘れ物をしてしまった場合、つい慌ててしまう方もいるでしょう。そのような場合でも慌てず、タクシー内にお金やスマートフォン、おみやげなどを置いてきてしまったなら、警察に連絡するようにしましょう。最近は、台湾の観光客が増えているので、専用の電話もあります。そのような場合に備えて、台湾に旅行する前には一通り、どのようなトラブルが生じても冷静に対応できるように、電話番号などはメモしておくことがおすすめです。とりわけ一人旅の場合、自分自身で何とかしなくてはいけません。

台湾国内で頼れる人はあまりいないので、自分で解決できるように、備えておく必要があるでしょう。

さらに日中だけでなく、夜間にタクシーを利用するという方もいるでしょう。
夜間はできるだけ電車とかなどを利用した方が安心ですが、やむを得なくタクシーを利用する場合、流しのタクシーではなく、無線で呼んだ方が良いでしょう。

とりわけ女性なら、きちんと無線で連絡をして、タクシーを呼んだ方が安全です。台湾は一見安全そうですが、タクシーの運転手と女性乗客のトラブルなどもあるので、家族や友人との旅行でもそうですが、女性の一人旅ならなおさら、安心して乗ることができるタクシーを見極める必要があるでしょう。